障がいのある子どもたちの療育プログラムを考えています。それぞれの課題に応じた工夫を常に意識しています。