Social Good Project

日本の福祉事業は、世界に誇れる“ソーシャルサービス”産業へ。
キャリタス福祉では、ソーシャルサービス領域で「働く」ことを志向する若者へ、その魅力を多角的・多面的にお届けします!

Search 2020協賛法人

キャリタス福祉協賛企業紹介
オリックス・リビング株式会社
東京都港区芝2-2-15 芝2丁目ビル5階
≫≫≫ 会社詳細はキャリタス就活2020 ≪≪≪

UPDATE JAPAN ~2025年、介護業界が日本の未来をリードする。~

▼就活生へのメッセージ
この国の未来をアップデートしてくれる人材を募集します
人の役に立ちたい。
人間の尊厳を守り、人生を豊かにする介護を究めてみたい。
そんな人に、ぜひ会いたい。

まだ介護にはそれほど興味はない。
でも、高齢化が進む日本。
介護需要は確実に高まっている。
これからの社会に必要な新しいサービスモデルをつくりたい。

介護の仕事を、若者たちの憧れの仕事に変える。
オリックス・リビングが変える。
ぜひ、あなたもいっしょに。

▼会社紹介
介護x住宅xテクノロジーで、理想の生き方を実現するサービスを
私たちの主力事業は、有料老人ホームの運営。
でも、おそらくあなたがイメージする老人ホームとは、まったく異なるサービスモデルです。

施設ではなく充実の住まいと、心身ともによりよく生きるための介護サービスを提供。
そして、最新のI T やサポート機器を活用した「次世代型の介護」も追求。

介護x住宅xテクノロジーという3 つの側面から、
新しい介護のサービスモデルを創り出します。

▼自社の3つの魅力
介護しすぎません。
私たちの介護の目的は、その方の持つ生活機能を改善していくことです。そのためには、何でもして差し上げることが良いとは限りません。介護されることに慣れ、自立する可能性をつぶしてしまうことにもなりかねないからです。また、サポート設備も安全安心を求めすぎると、かえって行動範囲を制限してしまうこともあります。ルールをつくりすぎず、ゲストを縛らない。ゲストのできることを増やし、よろこびをつくっていくことで生活機能を高めていきます。 

介護士は、高い専門性をもつプロフェッショナル
介護サービスは、介護士やケアマネジャーだけでなく、医師や看護師、理学療法士や作業療法士などの専門家とのチームによって成り立っています。その中でも最もゲストの近くで、日々の生活を知り尽くしている介護士が、ゲストの生活機能を高めていくための中心的役割を担います。時として、チームを形成する他の専門家に対して、ゲストのために必要なことを介護士から要求することも必要。「よくする介護」を実践する介護士には、高い専門性が求められるのです。介護は決して「誰にでもできそうな仕事」ではなく、「介護士だからこそできる高度な仕事」。その専門性を私たちは学び、高めて「よくする介護」を日本の将来に必要な常識に変えていきます。 

施設ではなくゲストハウス 
「施設」の定義は「そこで暮らす人々を一つの形に整える場所」。グッドタイムリビングは、従来の「お世話をする施設」のように要介護度に合わせて画一的なサポートをしていく場所ではなく、ゲスト一人ひとり異なる生活を支える「家」と捉え「ゲストハウス」と呼んでいます。 

▼求める人物像
こんな仲間を、オリックス・リビングは求めています!
1)意見や立場の違う人であっても、意見を丁寧に聞き、相手のことを理解できる
2)自分と周囲の人々や物事との関係性を理解し働きかけることができる
3)困難やストレスに出会っても、前向きに楽しんでチャレンジできる
4)現状を分析し、目的・課題・解決のプロセスを設定して実行できる
5)従来の考えややり方に疑問を持ち、常に新しいことを学び、実践できる
全てを満たしている必要はありません!どれかひとつでも当てはまる項目があれば、是非エントリーを!