Social Good Project

日本の福祉事業は、世界に誇れる“ソーシャルサービス”産業へ。
キャリタス福祉では、ソーシャルサービス領域で「働く」ことを志向する若者へ、その魅力を多角的・多面的にお届けします!

Search 2020協賛法人

キャリタス福祉協賛企業紹介
社会福祉法人目黒区社会福祉事業団
東京都目黒区上目黒2-19-15
≫≫≫ 会社詳細はキャリタス就活2020 ≪≪≪

Smile~笑顔のコミュニケーション~常にやさしい心でサービスを提供します

▼就活生へのメッセージ
『楽しさ』や『やりがい』にあふれ、毎日が発見です
私たちのサービスは、これまでもこれからも、職員の皆さんによって支えられています。介護未経験、ゼロからスタートした方、育児や介護と両立しながら働く方、人と接することが好きでこの職に就いた方など様々な方がいます。ご利用者の皆様に「ここに来て良かった」と思っていただけるような介護を目指しています。楽な仕事ではありませんが、『楽しさ』や『やりがい』にあふれ、毎日が発見です。そして、自分も成長できる仕事です。一緒に介護の楽しさを探してみませんか。 

▼会社紹介
目黒区と一体となって社会福祉に取組んでいます
私たちは、その存在意義、使命、職員の行動規範の原則として「経営理念」を定め、サービスに臨んでいます。「目黒区社会福祉事業団は、個人の尊厳を大切にし、利用者が住み慣れた地域で安心して快適な生活が営めるよう、地域で最も信頼され、喜ばれるサービスの提供を、効率的で柔軟かつ健全な経営をもって行なうことにより、目黒区における地域福祉の向上に寄与します。」

いろいろな福祉施設を運営しています 
目黒区内に12拠点で事業を運営しています。高齢・障害・母子・包括支援センターなど地域の皆様の様々な福祉ニーズにお応えしています。区内に新しい特別養護老人ホームを建設する予定もあります。お一人おひとりの生活史を基に個別性を重視し、「ここに来て良かった」と思っていただけるような介護を目指しています。

Smile~笑顔のコミュニケーション
「笑顔のコミュニケーション」をキーワードに、ご利用者が笑顔でお過ごしいただけるようなサービスには職員の皆さんの笑顔が欠かせません。当法人では、職員の皆さんにも笑顔で楽しく、安心して仕事に取組めるよう、様々な環境づくりに取組んでいます。 

▼自社の3つの魅力紹介
職員の皆さんの成長を支援します
特養ホームの正職員として採用されると、担当のプリセプターが付き、指導、支援を行います。素朴な疑問から技術的なことまで、丁寧に指導にあたります。ほぼ1年間にわたり、課題を解決しながら段階を踏み、介護のプロへサポートします。また、様々な事柄において職員参加を募っています。例えば、法人のシンボルマーク、キャッチコピー、新規特養のネーミングなど職員の皆さんのアイディアを多くの場面で活かしています。

「東京都働きやすい職場宣言」100%達成しています
働きやすい職場環境を実現するのは法人の大切な役割だと考えています。腰痛を防止するために天井走行リフトを全施設に導入、リフレッシュ休暇制度(年次休暇とは別に6日付与)の一般職員の消化率100%達成など、職員の皆さんが長く勤務していただけるよう、サポートしていきます。

安心して働き続けられる環境を整えています
職員の皆さんの健康に配慮し、夜勤の時間帯を短くし、仮眠もしっかりとれる環境を整えています。また、夜勤看護師を配置し、夜勤時急変などの不安を軽減しています。腰の負担を軽減し、腰痛を予防するため、各ホームに「天井走行リフト」を導入しています。清掃、洗濯、シーツ交換、下膳などの間接的な業務は委託事業者にお任せし、介護士が介護業務に専念できる環境を整えています。

▼求める人物像
ご利用者や地域の人を笑顔にできる人
わたしたちは、目黒区の地域福祉の一翼を担う存在であることに誇りを持っています。ご利用者、ご家族、地域の皆様を「笑顔にできる」よう、法人一丸となって地域の福祉に積極的に取り組み、実践するプロフェッショナル集団でありたいと思っています。そんな思いを共有できる人を待っています。

相手を思い、相手を尊重し、ともに成長できる人
思いやりや優しさは、相手を思い、尊重するところから生まれます。「相手」には、ご利用者やご家族、地域の皆様はもちろん、共に働く仲間も含まれます。共に尊重しあい、思いやりや優しさの中での「気付き」を、自己研鑚し、仲間と切磋琢磨することで、職員と法人がともに成長していくことができると考えています。法人とともに成長し、将来は法人や施設をお任せできる方を求めています。

新しいことや可能性へのチャレンジ
介護や福祉分野のサービスはまだまだ発展途上にあると思います。今後到来する超高齢化社会に対応するためには、これまでの歴史や地域の特性を踏まえ、活かしつつも、新たなことへのチャレンジを怠ることはできません。これからの目黒区社会福祉事業団を創造していく、チャレンジ精神、新しい発想や想像力が必要だと考えています。
 

この企業・団体の別情報