Social Good Project

日本の福祉事業は、世界に誇れる“ソーシャルサービス”産業へ。
キャリタス福祉では、ソーシャルサービス領域で「働く」ことを志向する若者へ、その魅力を多角的・多面的にお届けします!

Search pager_next.gif 未来を拓く、若者百選。

キャリタス福祉/エリア長&若手社員インタビュー

株式会社日本生科学研究所
東京都新宿区河田町3-10
≫≫≫ 会社詳細はキャリタス就活2018 ≪≪≪

首相や大臣も訪れたサービス付き高齢者向け住宅 和光のオアシス。多彩な専門性・個性が織り成す質の高いケアサービスは介護から卒業させる!?

323_ext_11_0.jpeg

永井暁良

株式会社日本生科学研究所
介護事業部エリア長

 

2002年入社。新宿エリアのデイサービスにて現場・管理者に従事した後、埼玉県和光市施設「日生オアシス和光」の立上げメンバーに抜擢され推進。ケアマネージャー、ホーム長を務め、現在は2014年に立ち上げた埼玉県朝霞市の施設も含めたエリア管理職に従事。


Q:エリア長が感じる会社の強みはどのような点ですか?
私は大学卒業と同時に入社して以来、この会社一筋であるので、他社との比較というよりは、感じてきたこととしてお話すると、医師や看護師、薬剤師、栄養士、療法士等の専門性の高い人材とチームを組み、常に近い距離感で働けることであると思います。


Q:強みによる利点はどのような点ですか?
サービスの提供という点では、ケアマネージャーが1人でプランを立てるのではなく、チーム皆で相談し決定するので、質の高いサービスを継続的に提供できることであり、自分に置き換えると、チーム皆で動くことで経験はもとより、様々な知識を身につけられたことが利点です。


Q:どこのエリア・施設でも同様のサービスになっているのですか?
地域で多少の違いはあれど、当社では医療と介護のつながりを重視した事業展開をおこなっているので、同水準のサービス提供が基本となっています。但し、地域自治体の温度感には違いがありますが、和光市は早くからとても熱心に“地域包括ケア”を具現化しているエリアであると思います。
 

323_ext_11_1.jpg

日生オアシス和光 外観

Q:こちらの“オアシス和光”には首相や大臣も訪問されたと聞いていますが。
早くから自治体と一体となり、介護予防の実践による身体・生活機能の改善を目指すサービスに取り組み、成果も出ていることなどが“地域包括ケア”の先進的事例として取り上げられ、評価されてのことであると思います。安倍首相の視察模様はこちらから


Q:評価されている“成果”というのはどういうことですか?
一言でいうと“自立した生活ができるまでにお元気になること”です。勿論、ご利用者の状態にもよりますので皆さんがという訳にはいきませんが、可能な限り、お元気になっていただくことを一緒に目指します。実際にお元気になられて、逆にお手伝いにきていただいたことや地域ボランティアで活躍されているといった話もございます。


Q:お仕事の“遣り甲斐”や“魅力”はどういった点ですか?
高齢者が元気な生活をおくれるようにご支援ができること、実際にこれを目のあたりにできることであり、現場でのケアだけでなくその為の環境や仕組みづくりに携われることです。現場で専門性を高めていくことは勿論のこと、新規施設の立上げや事業・施設の管理、エリア運営などのマネジメント業務に携われたことはとても大変でしたが大きなやり甲斐でもありました。

そして仕事と生活のバランスも図れることも魅力であると思います。世間で言われるほど過酷・低賃金であるとも思いません。むしろ休日はしっかりと取れますし旅行に行ったりすることも問題なくできます。現在は子供のサッカーチームの手伝いや父親同士の飲み会、冬はスノボー等を家族皆で楽しんだりしています。
 

323_ext_11_2.jpeg

Q:大変なことはどのような点ですか?
大変というよりは、“コミュニケーションをしっかり取る”ことを常に心がけ大切に考えております。ご入居者やご利用者とは勿論のこと、職場スタッフ同士の対話の機会も大切に考えています。集団で話し辛いのであれば個別に、自ら直接ということもあれば、他のスタッフや各事業管理者に任せてというように、最適な方法で臨機応変に、皆でコミュニケーションをとりあうことを大事にしております。


最後に就活生に向けたメッセージをお願いします!
あまり深く考えず、色々な業界・会社・仕事に眼を向けてみるのが良いと思います。そしてもし福祉ビジネスに興味をもったのであれば、是非、現場に行って見てください。色々と感じることができると思います。仕事も現場で専門性を高めていくだけでなく、様々な働き方があり、キャリアアップのチャンスも大いにあります。当社においても、今後益々、多様化していくと思います。当社にもどうぞ遠慮なく見学に来てください。

323_ext_11_4.jpeg

日生オアシス和光で働く、3名の元気な若手女性社員にお話を伺ってきました!
入社理由から働き甲斐、将来の夢などを簡単に紹介します。

 


Q:入社理由を教えてください!

323_ext_11_5.jpeg

成田 麻里子 [入社4年目、日生ホームヘルプサービス和光 勤務]

出会いは就職フェアでした。実は別の会社のことが気になっていて参加したのですが、そこで出会ったことがきっかけです。入社の決め手は、どの会社よりも熱心に“自立支援”に力を入れていると強く感じられた点です!
 


 

323_ext_11_9.jpeg

桐ヶ谷 友唯 入社2年目、日生ホームヘルプサービス和光 勤務]

入社理由は、介護だけでなく、薬局、保育、外食サービなど様々な事業を展開している点で、その強みを活かして、“点”ではなく“面”で地域包括ケアを実現しているのだと心に届いたことが理由です!
 

323_ext_11_6.jpeg

黒澤 なつみ [入社1年目、日生デイサービスセンター和光 勤務]

就活をスタートした矢先にタイミングがあって説明会に参加したことがきっかけです。その説明会で流れた社長紹介動画にやられてしまいました(笑)。

社長の強い信念と熱い想いにうたれて実際に泣いてしまいました。そしてこれからも大きく変革していく会社だと感じられたことが理由です。デイサービス志望だったのですが、それを叶えていただけたことも嬉しかったです。

 

 


Q:働き甲斐・充実を感じるのはどんな時ですか?


323_ext_11_7.jpg

左)黒澤  中)桐ヶ谷  右)成田

成田:スタッフ皆で考えたケアプランに取り組んでいただいた結果、どんどん元気になっていく様子を日々見て感じることができる点です!

日課表などに手をいれて継続して取り組んでいただけるように工夫をすることや、成果を楽しくお話いただけた時なども遣り甲斐を感じます。“歩行練習の成果で10年以上会っていなかった兄に会いに行くことが出来た”と感謝された時もとても嬉しかったですね!

桐ヶ谷:働く前は体力勝負のイメージが強かったですが、とにかく毎日すごい頭を使う仕事であるというギャップは遣り甲斐にもつながっています!

ご利用者はお一人おひとり状態が異なるだけでなく、性格や話し方、生活環境なども全然違います。お声掛け一つでもお一人おひとりにしっかりと伝わるように考えておこなわなければならないといったことも楽しいポイントです。

学生時代には、機械的にお世話をするといった施設やとにかく雰囲気が暗い施設にも実習にいったことがありましたが、現在の職場は、ご利用者お一人おひとりが本当に元気になるように、皆で取り組んでいるそういった楽しい職場です。

黒澤:毎日本当に様々なイベントをおこなっています!ご利用者が心から楽しんでくれて、そして“元気になること”につながるイベントを皆で考えています!

1年目の私が考える無茶なものでも真剣に受け止めて一緒に考えていただける。安心して取り組める一体感やチームワークがあるからこそ充実した仕事が出来ているのだと思います。チームワーク良くスムーズに仕事をこなす結果、残業が殆どないのもありがたいです(笑)。

ご利用者とのコミュニケーションにおいては本当に色々と勉強になります。敬語の使い方や話し方、日常生活においても役立つ様々なことを教えていただけます。怒られることもあります(笑)が本当に感謝しています。


Q:改善したい点などはございますか?

323_ext_11_8.jpg

左)黒澤  右)桐ヶ谷

成田:将来はケアマネージャーになりたいと思っているのですが、とにかく時間とお金が掛かりすぎる。これは会社云々ではなくて、福祉業界全体で改善が図られれば良いなと思います。

桐ヶ谷:改善を図りたい点は、特に思いつきません。今にとても満足しています(笑)。

黒澤:日生はとても連帯感がある組織だとは感じますが、ご利用者の為にも、もっともっと職場の連携を図っていきたいです。提供するサービスが違うから取り組み方やプランが違うというのではなくて、もっと相談しあえる環境づくりに自分も率先して取り組んでいきたい。


Q:キャリアビジョン、夢などはございますか?


成田:現場で一生懸命働いて、経験と知識を身につけてケアマネージャーになりたいですね。そして結婚をしても、子供を生んだ後でも、様々な働き方でこの業界に関わっていきたいと思っています。

桐ヶ谷:20代で結婚したいですね(笑)。ただどういったライフスタイルになっても介護にはずっと関わっていたい。そして自分がおばあちゃんになった時には、周囲に元気になる方法を教えてあげたいですね。

黒澤:将来は海外で働きたい!入社前から思っていたのですが培った知識や経験を活かして海外の施設で活躍したい。とにかく日生の自立支援はすごいと思うのでそれを研修講師などとして伝えたい。
そして日本に戻ってきた際にはその経験を活かす。ワールドワイドに働きたいです!


これから就活をむかえる学生に向けたメッセージをお願いします!


成田:もしかしたら介護業界にとても大変なイメージを抱いているかもしれませんが、そんなことはありません。特に日生は新卒社員に対してとてもやさしい会社だと思います。働きやすさもありますし、ご利用者も可愛がってくれます。とにかく色々なことが学べて、楽しく働ける環境だと思います。

桐ヶ谷:業界は同じでも会社が違うだけで様々な特徴があると思うので、色々な会社説明会に参加するのが良いと思います。そして説明会だけでなく可能な限り現場を見に行くのも良いと思います。あまり入れ込みすぎず、仕事探しを楽しんでください。

黒澤:親や友人のアドバイスも色々あると思いますが、まずは自分でやりたい仕事、自分にあう会社を探してみてください。初勤務日は、日生の自立支援の本気さにやや圧倒されましたが、今では本当に入社して良かったと感じています。日生は本当に真剣で色々なことにチャレンジできる会社です!
201612221222_2-650x0.jpg

 
  • spacer.gif
  • spacer.gif
  • spacer.gif
  • spacer.gif
  • spacer.gif

この企業・団体の別情報

pagetop.gif