Social Good Project

日本の福祉事業は、世界に誇れる“ソーシャルサービス”産業へ。
キャリタス福祉では、ソーシャルサービス領域で「働く」ことを志向する若者へ、その魅力を多角的・多面的にお届けします!

Search pager_next.gif 未来を拓く、若者百選。

キャリタス福祉/未来を拓く、若者百選。
株式会社アズパートナーズ
東京都千代田区有楽町1-5-2 東宝ツインタワービル6階
≫≫≫ 会社詳細はキャリタス就活2018 ≪≪≪


意欲高く、楽しそうに働く二人のケアスタッフ!アズハイム文京白山は若手人財の宝庫!?

366_ext_11_0.jpg

長谷川 真依子(ハセガワ マイコ)  2015年入社
アズハイム文京白山勤務

佐藤 美織(サトウ ミオリ)  2016年入社
アズハイム文京白山勤務

様々なスタイルで活躍する若者を紹介する「未来を拓く、若者百選。」今回は、株式会社アズパートナーズが運営する介護付有料老人ホーム「アズハイム」で意欲高く、とても楽しそうに働く二人の女性にインタビューしてきました!

現場ではケアスタッフとして、ご入居者の各種介助は勿論、レクリエーションやイベントの企画運営、ホーム内の環境整備等と様々な業務を担当し活躍しています!そんな二人の就活状況、入社理由、働き甲斐、キャリアビジョン等を紹介します!
 

366_ext_11_1.jpg

左)長谷川  右)佐藤

■就職活動の開始時期、活動状況について教えてください
長谷川:大学では社会福祉を専攻していたこともあり福祉の仕事に就くことは考えていました。就活当初は相談業務を視野に入れていましたが、相談員になるにしても現場での経験や知識が必要だと感じ、先ずは現場経験を積める会社ということで3年生の冬ぐらいから求人票で会社を探し、実際に活動し始めたのは4年生になってからで選考を受けたのは数社のみでした。

佐藤:大学3年生の夏休み明けから、学内で本格的に就職ガイダンスや関連授業が始まったのが私のスタートでした。当初は商社やメーカー等、様々な業界の会社を見ていましたが、就活をすすめるうちに目指すものが見えてきて、体を動かす仕事、人の役に直接的に立つ仕事、奉仕の精神で働くことができる仕事を志すようになり、自然と介護の仕事にたどり着きました。たどり着くまでには合同企業説明会も含めると30社ぐらいの説明会に参加したと思います。

366_ext_11_2.jpeg

長谷川とご入居者

■アズパートナーズに決めた理由はどのような点ですか?
長谷川:会社説明会後の現場見学で2つのホームに伺う機会をいただけたのですが、どちらも本当にホテルみたいに綺麗で、暗くて汚いという先入観やイメージが払拭されました。決め手となったのは、そこでお会いできた少し上の先輩方が本当に皆さん笑顔で働かれていて、自分も楽しく働けるイメージを描けたことです。他企業の現場見学にも伺ったのですが、どこも“施設”といった印象で、楽しく働ける期待感は得られませんでした。

佐藤:社員交流がとても盛んであると感じたところです。社内には色々なサークル活動もあり、漠然と楽しそうだと感じたことが最初でした。選考中や内定をいただいた後の集まりなどでも、社内全体がとても仲が良さそうに感じられ、若い先輩社員も本当に楽しそうに働いている雰囲気に魅力を感じました。

366_ext_11_3.jpg

佐藤

■入社後にイメージのギャップなどはございましたか?
長谷川:楽しく働けると感じられた点にギャップはありませんでした。現在の職場の人間関係も上司、先輩含めて皆本当に仲が良いですし、また同世代の社員も多いので、勤務外には時間の合うメンバーでよく食事にも行ったりしています。

佐藤:入社前に抱いた“風通しの良さ”はイメージどおりでした。サークル活動や、定期的におこなわれる社員研修後には懇親会があり、その際には、社長や各上役の皆様も参加してくださり、気さくに声をかけていただけるなど、本当に社員交流が盛んで風通しの良い会社であると感じています。

366_ext_11_4.jpg

佐藤とホーム長

■働いていて嬉しかったエピソードをご紹介ください
長谷川:1年目のクリスマス時期のことでしたが、その日の仕事を終えるタイミングに、ご支援をしていたご入居者から突然名前を呼ばれて、手作りのクリスマスプレゼントをいただいた事がありました!新入社員の私なんかにと驚きもしましたが、とても嬉しい出来事でした。

もう1点はご入居者はホーム近隣の方が多いのですが、実は私も地元のお寺が実家で、それを知っているご入居者は新しくご入居された方に「この子はあのお寺の娘さんよ」とご紹介いただけるのも有難いです。自然と地元のお話等で盛り上がることができて、楽しい時間を一緒に過ごすことができるのも本当に嬉しいですね。

佐藤:ホームでは毎月ご入居の誕生日会を催しているのですが、私が選んだプレゼントを受け取ってとても喜んでいただけたことが嬉しかったです。

私は現在、ホームのレクリエーション担当でもあるので、年間を通して季節行事など様々なイベントをメンバーとして催していますが、その都度、嬉しいこともたくさんあり、日々ご入居者と接しているだけで本当に楽しいです。会話をするだけで癒されたり、楽しそうに歌っている姿を見ているだけで微笑ましく、毎日逆に元気をいただいてます!


■休暇はどのように過ごしていますか?
長谷川:一日休暇の時は比較的に家でゆっくり過ごすことが多いですが、早番勤務で16時に上がる時は同級生や同僚と食事などを楽しんだりしています。その他には、実家のお寺での行事の手伝いなどがあり、前もって伝えるとその為のシフト調整もいただけるので本当に有難いです。

佐藤:私は、体を動かさないとストレスになるので外出することが多いです。友人とショッピングを楽しんだり、今はホットヨガ等でリフレッシュしています。スケジュールが明確なので、ONとOFFのメリハリもとてもつけ易いです。

366_ext_11_5.jpeg

左)長谷川  右)佐藤

■現在の目標、夢などはございますか?
長谷川:現場経験を積むことはもちろんですが、さらに知識を深め技能を高める為にも実務者研修を受講して介護福祉士の資格を取得したいと思っています!現場でのプロフェッショナルになることが当面の目標です。今現在は仕事もプライベートもとても楽しく充実しているのでアズパートナーズで様々な経験をして将来に備えたいと思います。

佐藤:私も同様で、介護福祉士の資格を取ることを目標にしています!周りの先輩方もとても成長意欲の高い方が多く、私も負けないように努力し続けたいと思います!そして現場での専門性を高めた上で、今はまだ漠然とですが仕事の幅を広げていきたいと考えています。会社もどんどん成長しているので望めばチャレンジできる機会もあると思っています。

■最後に就活生へのメッセージをお願いします!
長谷川:直感もとても大事ですが、できるのであれば職場は必ず見て決めた方が良いと思います。その上で、そこで“実際に楽しく働いている自分”を、より想像できてから決めるのが良いと思います。少しでも疑問や不安があるときは自分から積極的に質問をして納得ができたところで決めるのが良いです。

佐藤:就職してから感じるのは仕事って本当に沢山の種類があるんだなと実感しています。将来を見据えて視野を狭めずに会社、仕事を探していただければと思います。就活頑張ってください。
 

この企業・団体の別情報

pagetop.gif